Loading...

STAFF

スタッフ紹介

ほねごりで活躍する個性豊かな仲間たちを紹介します。

  • ポートレート
    04

    院長|柔道整復師

    髙原 佑輔 (26)

  • 仕事の様子
    WORK
    自分だけでなく、後輩たちの技術も共に磨くことが、技術総括としての役目です。

先輩社員の1日

08:00
スタッフの1日

出社

朝は、院の清掃と診療の準備を行います。患者様が過ごしやすい環境作りを心がけてます。その後スタッフ全員でのミーティングを行います。本日来院される患者様の状態共有や運営上の戦略などを確認しています。

09:00
スタッフの1日

診療開始

患者様の症状が楽になるように全力で施術を行います。
また、他のスタッフのトークや施術内容に気を配りながらフォローに入れるように動いています。

14:00
スタッフの1日

練習

昼食後、スタッフ各々の技術練習を行います。自費施術の練習や症状や疾患別での練習をしています。日々患者様と向き合って症状が改善しづらい方へのアプローチなどを話し合う時間に使うこともあります。

15:00
スタッフの1日

午後診療開始

午前同様、患者様と全力で向き合います。他のスタッフのフォローももちろん行っています。

20:00
スタッフの1日

診療終了

1日のことを振り返り、良かったことや、ダメだったことを皆で話しあいます。また、患者様の症状や状態を共有して、次回以降の施術や対応を考えます。その後カルテ記入等をして帰宅します。そのまま皆で食事に行くこともありますね。

INTERVIEW

スタッフインタビュー
Q.
あなたがほねごりを選んだ理由は何ですか?
A.
「柔道整復師が総合病院を建てる」初めて社長に会った際に言われたこの衝撃的な言葉は今も頭から離れません。
“柔道整復師が総合病院を経営して健康のプラットホームを広げていく”という、今の治療業界ではありえないワクワクしたことができそうだと直感で思いました。
自分も柔道整復師として、その世界を一緒に作りたいと思ったことがほねごりを選んだ理由です。
Q.
仕事にやりがいや達成感を感じるのはどういう時ですか?
A.
技術総括として、自分が患者様に施術をして、痛みや辛さを無くし帰っていただくことはもちろんですが、部下のスタッフが、教えた内容の施術をして今まで変化のなかった患者様の症状が良くなり、辛さもなくなって感謝されている姿を見た時は、技術を落とし込む立場としてとてもやりがいを感じます。
また、個ではなく、チームで目標や患者様に全力で向かっていく団結力を感じた際も、とてもやりがいを感じます。
スタッフインタビュー
スタッフインタビュー
Q.
他社にはない魅力や強みはなんですか?
A.
自分の得意な部分でキャリアアップができることです。
私は主任、院長と経験させていただき多く成長させてもらいました。
しかし、自分自身はマネジメントよりも技術を深め、より多くの患者様を救いたいという気持ちが強くなってきました。その際に会社から技術面でのキャリアアップ制度の作成を任されました。
もちろんやらなければならないことは大事ですし、全てがやりたいようにできるということではありませんが、自分が本気で目指したいものを叶えられる。
これはこのほねごりの特徴であり、強みだと思います。
Q.
印象に残る職場でのエピソードを教えてください。
A.
私が院長を勤めさせていただいた院でのことです。
診療終了後にスタッフ全員がサプライズで誕生日を祝ってくれたことがありました。
その日が公休だったスタッフもわざわざ来てくれ、とても嬉しかったです。
スタッフ間の仲の良さはどの院も半端ないので、人間関係で思い詰めることはないですし、すぐに溶け込めると思います。
この仲の良さが会社の風通しを良くして、雰囲気や成長率に反映されていると思います。
スタッフインタビュー

次の人を見る